正直にお金を借りたい事情を話した方がいい

家族や友人にお金に困っているので借りたいという借金の申し込みをする場面があるかもしれません。このような場合、お互いの信頼関係をベースにしてお金のやり取りが行われます。

ですからお金を借りる際には、相手の信用を壊すようなことは絶対にしないことです。お金を借りようとした場合、「何に使うの?」ということはほぼ確実に聞かれるはずです。

この時に下手にかっこつけてしまうと、後々もしばれた場合にいろいろとトラブルになりかねません。せっかくの信頼関係が壊れて、友人関係を解消ということもあり得ます。また内容次第では、最悪そのお金を貸してくれた友人が「詐欺だ!」ということであなたを訴えてくる場合もあります。

正直に借りたお金を何に使うのか伝えたほうがいいでしょう。例えば「片思い中の女の子にプレゼントするため」のような少し恥ずかしい理由でも正直に話した方がいいでしょう。

パチンコなどのギャンブルはお金を借りる理由としてNG

正直にお金を借りる理由について話すのが基本です。しかしパチンコをはじめとしたギャンブル資金のためであれば、おそらく誰もお金を貸してくれないでしょう。このような理由の説明はNGです。というか、このような理由でお金を借りるのは絶対にダメです。

時折「勝ったら倍にして返す!」という人もいます。しかしギャンブルというのは基本、主催者側が勝つようになっています。つまり勝てない可能性が高いわけです。ですから借金してまでギャンブルをするのは絶対に控えましょう。