カードローンの返済が遅れると?

カードローンでお金を借りたのであれば、決められた期日までに返済するのがルールです。しかしうっかり日常生活の忙しさで返済日を忘れてしまい、延滞してしまうこともあるかもしれません。

またカードローンの中には銀行引き落としで返済できるところもあります。この場合も期日までに口座に十分なお金が入っていないと引き落としが実行できません。もし滞納してしまった場合、ペナルティの課せられることは覚悟しておいた方がいいでしょう。

遅延損害金もプラスで負担

通常カードローンで返済する際には元金を返すほかにも、利息を支払わないといけません。しかしその他にも遅延損害金と呼ばれるお金も徴収されます。これは返済日から滞納した日数分かかってきます。

レンタルショップで返済し忘れると、延滞料が発生するでしょう。このようなお金と思っていただければいいでしょう。

遅延損害金がどのくらいになるのか、気になるところでしょう。カードローン会社の公式ホームページの中でも記載はあるはずです。ただし金利と比較すると小さな文字で書かれている場合もありますから、見落としのないように気をつけましょう。

カードローン会社によって多少の違いはあるかもしれませんが、大体ほとんどのところで20%となっているはずです。これは利息制限法で決められている上限金利ギリギリです。カードローンは担保・保証人なし、信用だけで貸します。ですから期日を守らないと厳しいペナルティをかけるわけです。